個人を対象とした研修のメリット

会社の今後を担っていける人材を育成できる

社員全体のレベルアップも重要ですが、会社の将来を考えた場合には特定個人のレベルアップのための研修も重要になります。やはり会社は競争社会であるので、会社の今後を担っていける人材を登用していくことが必要になります。リーダーシップを取れる人材、専門的知識を伝承できる人材を選定して教育します。その場合、外部機関での研修が必要となります。ビジネスリーダーになるには、幅広い知識が必要で技術知識・財務や経理の知識・法律や労務管理・環境などすべてを把握していなければなりません。将来会社の顔となってもらえるような人材を育成しましょう。積極的に経験を積ませたり、通常の業務とは違った分野の講習にも参加させるなどの工夫をします。

深く突っ込んだ研修を受講する

技術者や経理・法律などの専門分野を目指す社員には、特別な研修も用意します。もちろんコミュニケーションやプレゼンテーションなどの研修も必要ですが、専門的な知識については積極的に学ばせます。これは本人の学ぼうという強い意志が必要であり、会社としては研修の紹介などに協力しますが、最終的な受講は本人に任せます。外部機関では様々なビジネス講習が実施されているので、利用を進めてあげましょう。通信教育や専門学校で学ぶのも一つの手段です。又、学んだ知識を利用できるような仕事を与えることも必要でしょう。経験も大きな学習の一つです。
人事の人は、社員の将来の希望を把握していることが重要で、その人に適した研修の場を設けてあげなければなりません。